体臭は個性?1人暮らしを始めて臭くなった私の体臭対策を紹介!

体臭を個性と勘違いしていた私。

中学生の頃から、ワキガで男子にいじられる事が増えてきました。自分では殆どと言っていい程、気にならない匂いなのに、気が付くとあだ名まで付けられてしまいました。結局、卒業するまでワキガは私の性格の一つであるかのように、ずっとついて回りました。自分では大した問題ではないと思いながら、思春期の私に出来る方法をそれなりに模索し続けました。

ワキガが消えるクリーム

この頃試していたのは、ワキガが消えるクリームタイプの軟膏でした。病院へは行かず、市販品で何とか間に合わせたかったのですが、効き目を実感する事はできませんでした。何も解決がしないまま月日が過ぎ、その内ホルモンバランスの関係か、ワキガの強さがだんだん自分でも分かるようになってきました。大学生の頃、友人達と一緒にいても「何か匂わない?」誰かが言うことにいちいち敏感になりました。それが体臭をさしていなかった時でも緊張し、恥ずかしい思いを毎回してしまい、友人達と過ごす時間を減らすこともありました。そこで、体質を改善する事が自分に合うのではないかとある日、思い当たりました。身体の一部分だけでなく、身体全体の問題として一旦捉えることにしてみたのです。

1人暮らしで体臭がきつくなった

思い返すと、一人暮らしを始めた頃からぐっと体臭が気になり始めました。一人暮らしは、自分の好きなものばかり食べることが出来ます。更に、お酒やたばこを始めたのもこの頃からでした。一気に全てを取り戻すことはできないとしても、少しづつ始めることはできるのではないかと思いました。

そこで、毎朝コップ一杯の水と、リキッドになっているレモン汁を数滴入れて飲み始めました。レモンは、胃腸を整える作用があると聞いた為です。また、体臭を消す作用もあるとインターネットを通じて知ったこともあり、毎日負担がないところから始めてみることにしました。大体2週間位したころから、汗をかいた後の服の匂いを嗅いでも、以前のツーンときつい匂いがしなくなりました。その内、汗そのものもサラッとしてきたような感じが出てきました。

少しづつ自分に自信を取り戻したような感じがしてきて、今まで挑戦できなかったような上着を着てみたりなど、大げさじゃなく人生そのものが変わったような気がしました。

体臭は個性だけど…

私は海外での生活もあったことから、体臭も個性の一つだ、という位に思っている節がありました。しかし、日本に根を下ろして働き始めた頃から、そうではない事に気づかされました。第一に、体臭がキツイだけでもう人は寄ってきません。自ずとランチに誘われなくなりますし、そうなると職場の中で人間関係がうまくいかなくなります。

仕事が出来ても、人間関係がうまくいかないとかなり辛いものがあります。もし体臭を気にしない方がいたとしても、長い間一緒にいたいとはきっと思うことはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です